読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surface Pro 4 / 3 ビジネス活用日記

Surface Pro 4 / Surface 3 の意外と知らない活用法を発信します

Surface 3 = Surface Pro 3 mini 小型・長持ち・LTEで機動力にすぐれたビジネスクラス・タブレット

Surface 3 は、 Surface Pro 3 のビジネス向け機能を継承する新ライン

 

3 月 31 日、Surface 3 が電撃発表されました。

 

blog.surface.com

 

Surface 3 は、Surface 2 / RT の後継モデルというよりは、Surface Pro 3 の DNA を受け継ぎつつ、小型・廉価にしたモデルになっています。

 

上記のアナウンスの中でも、このように触れられていますね。

 

As we planned the next addition to the Surface family, the questions to answer for our customers became simple. What product would we build to be sure we could make the very best of what we built in Surface Pro 3 available to many, many more people? We started with what we’re known for — a great tablet that works as a laptop, the ability to run all Windows apps including full Office, and a pen experience that really sets Surface apart. We knew we would offer all of this in a more affordable package but decided at the outset that we would make no compromise on maintaining the beautiful fit and finish, the craftsmanship that so many love in our Surface products.

 

すでに紹介記事がいろいろ出ていますので、私なりの視点で Surface 3 のポイントを確認してみることにしましょう。

 

(1) Windows 8.1 Pro 以上が搭載可能

 

Surface 3 は、 2 までの ARM アーキテクチャーから、 Intel アーキテクチャーに変更になりました。

 

この変更の結果、法人向けモデルは、ビジネス用のエディションである Windows 8.1 Pro を搭載しています。

これは、企業ドメインへの参加が可能であることを意味します。

 

また、ボリューム ライセンス版の OS を利用してカスタム イメージを展開することも可能になるものと思われます。

 

(2) プロ向けの機能・インターフェースの搭載

 

Surface Pro 3 の特徴だった、ビジネスに便利な数々の機能が継承されています。

 

Surface ペン:別売のデジタイザーペンを購入することで、Surface Pro 3 と同等の手書き入力が可能です。

 

専用のドッキングステーション:デスクで USB や外部ディスプレイ出力など、豊富な外部インターフェースを利用することができます。

 

3 : 2 の画面比率:動画視聴時には黒帯が出てしまいますが、ドキュメントの作成・閲覧や OneNote による手書きメモに便利な縦横比に変更されました。

 

Mini Displayport: 高解像度の外付けディスプレイが接続可能になります。

 

(3) Surface Pro 3 を上回る機動力

 

Surface 3 はラインアップ上は Surface Pro 3 の下位モデルになりますが、Surface Pro 3 を逆に上回っている点もあります。具体的には、以下の点です。

 

小型・軽量・ファンレス:10.8 インチ / 622g / 冷却ファンなしと、Surface Pro 3 の 12 インチ / 800g より小型軽量。カバー込みでは、 200g 以上軽量です。

 

バッテリー寿命:「ビデオ再生で 10 時間」で、「ウェブブラウズで 9 時間」のSurface Pro 3 を上回ります。

 

LTE 通信:Surface Pro 3 にない LTE 搭載モデルが設定(※日本で発売されるかは未定です)

 

マシンパワーよりも機動力が重視される用途の場合は、むしろ積極的に Surface 3 を選択するのも十分にありではないかと思います。

 

加えて、コストパフォーマンス。 4GB RAM + 128GB SSD の上位モデル ($599-) は、Surface Pro 3 の最下位モデル ($799) の 4GB RAM + 64GB SSD  を上回っています。

 

結論:機動力を極めたビジネスクラス・タブレット 続報に期待

 

日本マイクロソフトでは、Surface 3 の発売について以下のリリースを出しています。続報を待ちましょう。

 

マイクロソフト、史上最薄・最軽量のSurface、Surface 3 を発表 | News Center Japan

日本におけるSurface 3の発売に関する情報については、現在最適な形での投入を検討しており、改めてお知らせします。