読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surface Pro 4 / 3 ビジネス活用日記

Surface Pro 4 / Surface 3 の意外と知らない活用法を発信します

【速報】"Surface Hub"アプリにWindowsボタン無効とマニュアル参照機能が追加!

f:id:iwam:20141210122753p:plain

 

Surface Hubアプリに待望の新機能第一弾が追加されました

 

本日、Surface Pro 3専用の設定アプリである"Surface Hub"に新機能が追加されていることが確認できました。

今回の追加機能は2つです。

 

  1. 本体右側のWindowsボタン(ホームボタン)がペン使用時などにうっかり手が触れてしまうことを防ぐために、Windowsボタンの動作を無効化する設定が追加
  2. Surface Hubアプリ上から、Surfaceの公式ガイドが参照可能

 

公式ブログなどではまだ特にアナウンスされていないので、これ以外にもまだ何かあるかもしれませんが、現時点で試して確認できたところをまとめておきます。

 

※"Surface Hub"アプリの機能や使用法については、こちらのwikiをご参照ください。

 

Surface Hubアプリを使ってSurfaceペンの筆圧などを設定する - マイクロソフト コミュニティ

Surface HubアプリでSurface Pro 3に関するフィードバックを送る - マイクロソフト コミュニティ

 

新機能(1)Windowsボタンの動作無効化

 

Surface Pro 3の画面右端にあるWindowsボタン(スタート画面に戻るためのホームボタン)は、特にペンで書き込みをしているときに、手のひらが誤って触れてしまい、作業が中断してしまうことがありました。

 

今回の機能追加は、このような誤作動を防ぐため、Windowsボタンを一時的に無効にするためのものです。

 

使い方は簡単で、アプリの「設定」ハブの3番目に「Surfaceのホームボタン」という項目ができているので、これを選択して「オン」「オフ」を選ぶだけです。

 

f:id:iwam:20141210122753p:plain

 

ホームボタンを無効化すること自体は、以前からデバイスマネージャーでできたのですが、アプリから設定が可能になり、ぐっと利便性が増しました。

 

しかし、この機能、私の環境ではなぜか動作しない…。「オフ」にしてもWindowsボタンはしっかり動いています。原因はまだ特定できていません。

 

<追記>

Surface Pro 3を一度再起動したら動作無効が正常に働くようになりました。しかし、ボタンにさわった時のバイブレーションは無効になっていません。

 

新機能(2)Surface Pro 3の公式ガイド(マニュアル)がアプリから参照可能に!

 

Surfaceシリーズの弱点として、簡単にマニュアルを参照できる手段がない(自分で場所を入力する必要がある)という点がありました。

それをカバーするために下記のwiki記事を書いていましたが、アプリからアクセスできるようになったことで、わかりやすさがアップしたと思います。

 

Surfaceのマニュアルを参照して疑問やトラブルを解決する - マイクロソフト コミュニティ

 

具体的には、Surface Hubアプリを右にスクロールすると、「ユーザー教育」(この題名、「ユーザーマニュアル」の方がいいと思います…)というセクションが現れます。

 

f:id:iwam:20141210125115p:plain

 

調べたい分野を選択すると、アプリ内でそのWebページが呼び出される仕組みです。ここでは、「個人用設定および簡単操作」を選んでみました。

 

f:id:iwam:20141210125457p:plain

 

今後は、「わからないときは、Surface Hubアプリで調べる」ということでよいと思います。

 

結論:インストールして損なし! 更なる機能追加にも期待

 

 というわけで、一歩便利になったSurface Hubアプリは全ユーザーにおすすめできるものになっていると思います。

 

インストール済みの方はWindowsストアのアプリ更新から、まだの方は以下のリンクからインストールしてください。

Windows ストア の Windows 用 Surface Hub アプリ


なお、今回追加された新機能を使うためには、2014年11月18日付で配信されたシステムファームウェア更新プログラムの適用が必要です。

アプリのインストール前に、念のためWindows  Updateの更新履歴を確認することをおすすめします。