読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surface Pro 4 / 3 ビジネス活用日記

Surface Pro 4 / Surface 3 の意外と知らない活用法を発信します

Mary Jo Foley氏「MicrosoftはARM版Surfaceやめると聞いた」についての一考察

マイクロソフト Surface 2 32GB 単体モデル [Windowsタブレット・Office付き] P3W-00012 (シルバー)

 

MicrosoftはSurface Proを打ち切りにはしない。では、その他は…

 

先ほど、MicrosoftがSurface事業を打ち切りはしないという公式見解を発表したことをご紹介しました。

 


【徹底読解】Surfaceは打ち切りになる? に対するMicrosoftの公式見解を読む - Surface 2 & Pro 3 非公式マニュアル + WP(使い方・活用法)

 

この見解の中で、Surface 2/RTの後継となるARM版製品の将来については全く言及されていません。

もっといえば、Build2014やSurface Pro 3発表会など今年の重要イベントで、ARM版=Windows RTに言及されていない。

 

ここにきて、Microsoft報道の第一人者、ZDnetのMary Jo Foley氏がたいへん気になることを書いています。今回は、その意味するところについて考察してみました。

 

Mary Jo Foley氏:MicrosoftはARM版Surfaceやめると聞いた

 

Foley氏の記事の該当部分は、以下の通りです。

 

There have been a number of renewed rumors lately about Microsoft's plans to roll out an ARM-based Surface 3 and/or a revised ARM-based Surface Mini.

I haven't heard from my contacts that either of these things are happening. In fact, I've heard from one of my trusted sources that Microsoft's Surface strategy, going forward, will be to focus on Intel and to cease production of any future ARM-based Surfaces. But that's only from one source, I'd note.

Microsoft: Surface Pro line is here to stay | ZDNet

 

「私の情報源からは、Surface 3もMiniも出るという話は聞いていない。実を言えば、一人の信頼できる情報源からは、進行中のMicrosoftのSurface戦略においてはIntel版に集中し、いかなるARM版のSurfaceも製造をとりやめると聞いている。ただし、それは一人の情報源からのみであることを注記する。」

 

これは!! 

 

Surface 3とMiniは「まだ出ない」のみならず、「もう出ない」と。

 

Windows RTが廃止されるという憶測はかなり以前からありましたが、次期Windowsのコードネームが"Threshold"であることを2013年12月の時点でいち早くスクープしたり、Office for iPadの提供計画を報じたりと、実績あるFoley氏の文章だけに重みがあります。

 

しかし、これとMicrosoft幹部の数か月前の発言を照らし合わせると、ふつふつと疑問がわいてきます。

 

2つの手がかり:「ARM版Windowsは次期バージョンある」「Surface 2は改善の余地ある」

 

ZDNET: We've been hearing rumors about the Windows Phone OS and Windows RT somehow becoming a new OS that's different from Windows RT as it exists today. Is that the right way to think about it?

MYERSON: We will have great version of Windows on ARM. One thing we're working through is how do we really delight customers in all the form factors that will have ARM chips.

Microsoft OS chief Myerson on the future of 'One Windows' | ZDNet

 

今年の4月、Terry Myerson氏は、Foley氏のインタビューにおいて、ARM版Windowsに次期バージョンが存在することを明言しています。

Windows PhoneがARM版のみであるを考えると当然なのでしょうが、Myerson氏は「all the form factors」といっているので、タブレットも含むと解釈すべきでしょう。

 

――発表前には省電力のARMプロセッサを搭載したSurface miniが投入される、と噂されていた。ARM版Surfaceの開発は継続していますか。

残念ながら、未発表の製品についてお話しすることはできない。しかしながら、ARMプロセッサを搭載したSurface 2のサイズ感や価格を求めるユーザーは多い。そして、それをさらに改善する余地もある。

――つまり、第3世代のARM版Surfaceの登場を期待していいのでしょうか。

ARM版Surfaceに関しては、誰もが今後どのように良くしていこうかと考えている。今日の時点では新しい発表がない、というだけだ。しかし、Surface Pro3を発売した後も、引き続き(ARM版の)Surface 2を販売していく。そして、将来に向けたSurfaceの計画を、私自身がワクワクして待ちわびている。このふたつから類推してほしい。

ARM版サーフェスも第3世代を準備中 | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

そして、今年6月、Surface Pro 3の発表のために来日したBrian Hall氏は、本田雅一氏のインタビューで、「改善の余地がある」「私自身が待ちわびている」という表現で、Surface 2と同サイズ・同価格帯の後継製品の計画があることを強く示唆しています。

 

この2つを照らし合わせると、「タブレット向けを含むARM版のWindows 10は開発中」で、かつ「Surface 2と同サイズ・同価格帯の後継製品の計画がある」ことになり、Foley氏の新情報と矛盾しているようにも見えます。

 

推論:Surfaceの一般向けモデルの想定シナリオは2つ

 

これらの過去の発言と、今回のFoley氏の紹介した情報がいずれも正しいとすると、以下の2つのシナリオが考えられると思います。

 

  1. Surface 2の後継モデルはIntel版=Atomに切り替わる
  2. Surface 2は来年後半まで続投し、Windows 10発売時にARM版のWindows 10搭載機に切り替わる。(この時、ブランドが"Lumia"になる?)

 

果たしてどちらなのか、またはどちらでもないのか。

 

Microsoftは、来年初めに予定されているWindows 10のコンシューマー向けプレビューが開始されるまで、手の内は明かさないつもりなのかもしれません。

 


Joe Belfiore: Windows 10 preview for phones and ARM devices isn't due until 'well into 2015' | Windows Phone Central

 

全世界に膨大な数いるSurface 2/RTユーザーに今後どのような選択肢を提供するのか、早く知りたいところです。