読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surface Pro 4 / 3 ビジネス活用日記

Surface Pro 4 / Surface 3 の意外と知らない活用法を発信します

Surface Pro 3にセキュリティソフト(ウイルス対策)は必要か? →はい、必要です

トレンドマイクロ ウイルスバスター クラウド 3年版 ダウンロード版 Windows版 (最新・3台版)

 

Surface Pro 3にセキュリティソフトは必要。ただし…

 

当ブログ、Surface Pro 3に関連するキーワードで訪問いただく方も多くなってきました。

その中で、「Surface Pro 3 セキュリティソフト」で検索している方が意外と多い。この話題について書くのは結構ややこしいのですが、ニーズがあるようなので少し割り切って書いてみます。

 

さて、Surface Pro 3でセキュリティソフトが必要か否かといえば、

 

「必要です」

 

この答には、おそらく議論の余地はない。ただし、「どのセキュリティソフトが必要か?」というと、確実な答えがあるわけではない。

 

この記事では、そのあたりの事情をまとめてみました。

 

Surface Pro 3にも、セキュリティソフトがプリインストールされている

 

一般に、Microsoft以外の大手メーカー製のPCやタブレットは、市販のセキュリティソフトがプリインストールされた状態で出荷されています。

 

例えば、こんな感じです。

  • HP / DELL / LENOVO / NEC / 富士通= McAfee
  • 東芝 = ウイルスバスター

 

Surface Pro 3にはこうしたサードパーティ製のソフトは入っていません。

しかし、何も入っていないわけではなく、"Windows Defender"というWindows 8.1に標準搭載されるセキュリティソフトは入っています。


Windows Defender を使用する - Windows ヘルプ

 

初期状態でWindows Defenderによるセキュリティ機能は有効になっており、ウイルス・スパイウェア対策ができています。パターンファイルもWindows Updateを通じて自動更新されます。

したがって、追加で何も入れていないからと言って切迫した危険があるとはいえません。

 

では、Windows Defenderだけで十分なのか?

 

それでは、Windows Defenderさえあれば十分なのか、サードパーティのセキュリティソフトは必要ないのか? というと確たる答はありません。

 

Microsoftの公式サポートページでも、この点については特に触れていない。

 


PC をウイルスから保護する方法 - Windows ヘルプ

 

ネット上でも「Yes」「No」両方の答えが飛び交っています。

セキュリティソフトが実現する安全性の水準を完全に定量化することができない以上、「どこが十分な水準なのか」について見解が分かれるのはある程度仕方ないことなのでしょう。

 

あえていうなら、「メジャーな市販ソフトを入れておくのが無難」

 

では、どうすればよいのか。「個人の考え方で選ぶべし」ということにつきるのですが、心配なら市販のセキュリティソフトを入れておくのが無難だと思います。

 

ドイツのセキュリティ調査機関AV-TESTによるテストでは、Windows Defenderの性能はベースラインで、市販ソフトやほかのフリーソフトのほうが防御力に優れるとの評価になっています。

 

AV-TEST | Home | Comparative tests of antivirus software for Windows and reviews of anti-malware Apps for Android

 

そもそも、一口にサードパーティのソフトといってもかなり防御力に格差があり、フリーソフトのAVGやAvast!も比較的健闘している一方、全体にメジャーな市販ソフトの防御力は高いようです。

 

AV-Comparatives - Independent Tests of Anti-Virus Software - Real World Protection Test Overview

 

また、市販ソフトはサポート情報が豊富で、例えばSNSのプライバシーチェックなど付加機能も充実しています。 このあたりはやはり一日の長があるように思います。

 

この点について、Windows 8.1解説書の定番「Windows 8.1 完全制覇パーフェクト」(橋本和則/さくしまたかえ著)では、このように述べています。

 

なお、Windows DefenderはWindows 8.1を利用するうえで最低限のマルウェア検出を行うにすぎないため、セキュリティを重んじる環境では、別途市販パッケージなどのアンチウイルスソフトの導入をおすすめします。

 

結論:Windows Defenderはあるが、心配ならメジャーな市販ソフトを入れるのが無難。ダウンロード版が手軽

 

というわけで、「心配ならメジャーどころの市販ソフトを入れておくべし」。

ウイルスバスター、ノートン、マカフィー、カスペルスキー、BitDefender(スーパーセキュリティZERO)、ESETあたりを選んでおけば大きく外すことはないでしょう。私はウイルスバスターを10年以上使っています。

 

トレンドマイクロ ウイルスバスター クラウド 1年版 ダウンロード版 Windows版(最新・3台版)

トレンドマイクロ ウイルスバスター クラウド 1年版 ダウンロード版 Windows版(最新・3台版)

 

 

ノートン セキュリティ(Windows/Mac/Android/iOS対応) [ダウンロード]

ノートン セキュリティ(Windows/Mac/Android/iOS対応) [ダウンロード]

 

 

 

 

スーパーセキュリティZERO Windows 8対応 1台用   [ダウンロード]

スーパーセキュリティZERO Windows 8対応 1台用 [ダウンロード]

 

 

Surface Pro 3で使うならば、CD版より取り回しの良いダウンロード版の方が便利ですね。最近はAmazonや楽天でもダウンロード版が購入できます。ソフトによって〇年版、〇台版とバリエーションがあるのでお好みで。

 

なお、くれぐれも出所不明の偽セキュリティソフト(単なるマルウェア)をつかまれませんよう、セキュリティソフトの身元と入手経路には注意しましょう。