読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surface Pro 4 / 3 ビジネス活用日記

Surface Pro 4 / Surface 3 の意外と知らない活用法を発信します

Surface Pro 3を縦向きでスマートに立てて使うべく、試行錯誤してみた

f:id:iwam:20140718202243j:plain

 

Surface Pro 3の最大の売りの1つ「縦向き」づかいをもっと便利にしたい

 

Surface Pro 3の大きな改良点の1つが、画面が3:2比率になったことで、縦向きでも使いやすくなったことです。

私も早速試してみたのですが、縦向きにしてみると気になることが2つありました。

 

「本体を立てて使えないか」

「縦向きで立てればキーボードでもマウスでも使いやすいのではないか」

 

そこで、縦向きで立てて使えるかどうか試してみました。

 

縦向きでキックスタンドを使って立てる

 

Surface Pro 3のキックスタンドは横向きを前提に設計されています。

 

とはいえ、スタンドを開いておけば縦向きでも使えるのでは…と思ったところ、 案の定立てることはできました。それが冒頭の画像です。

 

上から見るとこのような感じになります。

 

f:id:iwam:20140718203146j:plain

 

しかし、思ったよりも傾斜がつかず、ほとんど垂直に立っている状態になってしまいました。

 

f:id:iwam:20140718194959j:plain

 

問題は2つ。

 

  • Type Coverがつけられない。Bluetoothキーボードなら使えるが、画面を見下ろす形になるので作業性はよくない。
  • 残念ながら本体が安定せず、ペンも使いづらい。片手で書きながらもう片方の手で本体を持たないと手書きは難しい。

 

f:id:iwam:20140718195320j:plain

 

 

結局、キーボードでもマウスでもこのままでは実用的ではなく、もう少し工夫しないとダメなようです。

 

それまでは、素直にキーボードなしで、紙のノートのようにデスクに置いて使ってみることにします。