読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surface Pro 4 / 3 ビジネス活用日記

Surface Pro 4 / Surface 3 の意外と知らない活用法を発信します

OneNoteにスマートフォンのブラウザやアプリから直接クリップする機能は意外と便利

f:id:iwam:20140709111701p:plain

 

スマートフォンから直接OneNoteにクリップする新機能が公開

 

今年に入ってから、Microsoftクラウドメモ・ノートサービスOneNoteは、Webクリッパーの提供など大きな進化を見せていましたが、このほど、スマートフォンでの情報収集をさらに便利にする新機能が追加されました。

 

それは、スマートフォンのブラウザやニュースアプリなどから、me@onenote.comにリンクを送信すると、閲覧中のページの内容がOneNoteにクリップされるというものです。


※me@onenote.comアドレスの登録方法やデスクトップブラウザーからのクリップ方法はこちらをご参照ください。

Surface 2非公式マニュアル(32) 今が"旬"OneNoteの新機能4つを使いこなす - Surface 2 非公式マニュアル + Windows Phone(使い方・活用法)

 

We just made it easier than ever to clip the web — now, when you send an email with a URL to me@onenote.com, we’ll clip a screenshot of the webpage along with the email’s contents into your OneNote notebook.

Clip the web with me@onenote.com! | Office Blogs

 

早速iPhoneで試してみたので、その手順をまとめておきます。

 

手順は簡単。Webページのリンクをme@onenote.comに送信

 

Webブラウザ(Safari)の場合:簡単

 

まず、Safariで先ほどのOneNoteの新機能紹介ページをクリップしてみます。

 

f:id:iwam:20140709115215j:plain

Safari下部の共有ボタンを選択

 

f:id:iwam:20140709115318j:plain

「メールで送信」を選択

 

f:id:iwam:20140709115357j:plain

メールアプリが立ち上がり、Webページの題名が件名に、リンクが本文に書きこまれる。これを宛先「me@onenote.com」あてに送信

 

f:id:iwam:20140709111701p:plain

結果、Surface 2のOneNote2013「クイックノート」セクションに新しいノートが追加されました。メールの件名がノートの題名になり、Webページの内容がURLとともにクリップされています。

 

ニュースアプリ「Gunosy」の場合:簡単

 

続いて定番ニュースアプリの1つ、「Gunosy」の記事をクリップしてみます。

 

f:id:iwam:20140709120002j:plain

 トップニュースを選択してみました。

 

f:id:iwam:20140709120041j:plain

記事が表示されるので、右下の共有ボタンを選択

 

f:id:iwam:20140709120142j:plain

「メールで送る」を選択

 

f:id:iwam:20140709120231j:plain

先ほどと同じように題名が件名、本文がリンクURLになったので、宛先「me@onenote.com」あてに送信。

 

f:id:iwam:20140709120408p:plain

OneNote2013での確認結果。Safariと同様にクリップできました。

 

Twitterの場合:少し注意点あり

 

さらに、情報収集に使うことも多いTwitterでも試してみました。

 

f:id:iwam:20140709120726j:plain

タイムラインから、ツイートに含まれているリンクを選択

 

f:id:iwam:20140709120808j:plain

リンク先が表示されるので、右上の「共有」ボタンを選択

 

f:id:iwam:20140709120942j:plain

ここが要注意点。Twitterから共有する場合、メール本文に入るリンク冒頭の「http://」が抜けています。これが入っていないと、肝心のページの内容がクリップできませんでした。

また、「公式Twitterアプリのダウンロード」も削除します。

 

f:id:iwam:20140709121352p:plain

修正したメールをme@onenote.comに送信したところ、無事OneNote2013でクリップを確認できました。

 

結論:Twitterでは少し使いづらいがそれを差し引いても便利な機能

 

これまで、私はモバイルのWebページやニュースアプリからのクリップには「Pocket」を主に使っていましたが、OneNoteにクリップできるのであれば、こちらに切り替えてみたいと思います。

 

ただ、欲を言えばメール送信方式ではなく、「~で開く」や、アプリで「コピー」してOneNoteを立ち上げるとクリップできる方式にも対応してもらえると手間がさらに少なくてよいなと思いました。

 

急ピッチで使い勝手の改善が進められているので、今後のさらなる進化に期待です!