読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surface Pro 4 / 3 ビジネス活用日記

Surface Pro 4 / Surface 3 の意外と知らない活用法を発信します

検証:Surface Miniは、なぜ出なかったのか

f:id:iwam:20140506090229p:plain

 

大方のメディアの予想が外れ、「Miniはなぜ出なかった?」

 

昨日行われた新Surfaceの発表会では、既報のとおり、ハイエンドタブレットSurface Pro 3」が発表されました。

 

しかし、大方のメディアやジャーナリストは、私もそうですが、今回の主役はSurface Miniだと考えていたため、「Miniはなぜ出なかった?」という記事が複数書かれるという異例の事態になっています。

 

Microsoft Said to Back Off Plans to Debut Smaller Surface - Bloomberg

Microsoft reportedly canceled plans to unveil the Surface Mini | The Verge

うわさのARMベース「Surface Mini」は登場せず--その背景を考える - CNET Japan

There Was No Surface Mini Because Microsoft Already Lost on Tablets

 

私も、通常なら出るパターンのはずのものが出なかったということで、今回の発表には相当違和感を感じています。

この記事では、一日たったところで、少し情報を整理してみたいと思います。

 

今回、Miniの登場が予想されていた理由

 

昨日の発表会で、Miniの発表が予想された理由は2つあります。1つは、招待状の予告、もう1つは製品の具体的なスペックやケースに関する情報の流出です。

 

招待状には通常、発表される製品と関連するメッセージが盛り込まれるが、今回はそうではなかった

 

大型の製品発表を行う際には、招待状のデザインにおいて、発表される製品を暗示する仕掛けを用意し、参加者の期待を高めるのが一般的です。

 

例えば、AppleiPhone 5の招待状では、「5」の文字が招待状に記載され、また、iPhone 5cの場合は、機種のアイデンティティであるカラフルな模様がデザインされています。

 

f:id:iwam:20140521175137j:plain

Apple Sets Sept. 12 Event for Expected iPhone Launch - WSJ.com

 

f:id:iwam:20140521175226p:plain

 Apple、9月10日のiPhoneイベント招待状を報道陣に発送 | TechCrunch Japan

 

昨年のSurface 2&Pro 2の発表会でも、製品イメージがそのまま招待状に書かれています。

 

f:id:iwam:20140521175442j:plain

MS、プレスイベントを米国時間9月23日に開催--「Haswell」搭載「Surface 2 Pro」など発表か - CNET Japan

 

今回の招待状の文言「Join us for a small gathering」はPro 3と結びつかず、むしろMiniの存在を強く示唆しています。最初からPro 3を発表するのであれば、ラップトップの代替になるとか薄型軽量を示す内容になっていてもよかったはずです。

 

事前に具体的スペックが出回っていた

 

Surface 2の発表会は昨年の9月23日に行われましたが、2週間前の9月9日の時点で、NeowinとPaul Thurrott氏は、発表される製品のスペックを的中させていました。

 

If you are curious about what the features will be for the upcoming Surface RT 2, likely to be called just the Surface, the device will be equipped with a Tegra 4 CPU, 1080P screen, two-step style kickstand and we are also hearing the RAM will get bumped to 4GB too. 

Surface RT 2: Tegra 4, 1080P screen, and more - Neowin

 

製品名が「Surface 2」になること、Tegra 4とフルHDディスプレイ、二段階キックスタンドの搭載は実際に発表された製品と同じです。(RAM容量は外れていますがご愛嬌)

 

このパターンからすると、Qualcommプロセッサ搭載、デジタイザペン搭載といったスペックが報じられたMiniの存在は、確度が高いように思われました。

 

Microsoft Said to Use Qualcomm Chips in Smaller Surface - Bloomberg

Surface Mini: 8in, ARM, pen support and coming in June - Neowin

Microsoft Surface Mini to debut in mid-May? | ZDNet

Microsoft to Launch Surface Mini on May 20 | Paul Thurrotts WinInfo content from Windows IT Pro

 

Surface Miniは当初実在した? 2つの見解

 

以上のことを踏まえ、Surface Miniという製品は元々存在したが、何らかの理由で公表されなかったという見方があります。

 

Bloombergは「5月20日に発表すべく開発が続けられていたが、Nadella CEOとElop EVPが差別化が不十分でありヒットに至らないと判断した」としています。

 

Microsoft Chief Executive Officer Satya Nadella and Executive Vice President Stephen Elop decided that the product in development wasn’t different enough from rivals and probably wouldn’t be a hit, said one of the people, who asked not to be identified because the plans weren’t public. Engineers had been working on the device and had planned to unveil it as early as today at an event in New York, two of the people said.

Microsoft Said to Back Off Plans to Debut Smaller Surface - Bloomberg

 

また、ZDnetのMary Jo Foley氏は、「Surface Miniは延期された」との見方を示したうえで、考えられる理由として、(1)将来OSがWindows Phoneと合流すること、(2)パートナー企業と競合すること、(3)タッチ版のOfficeが未完成であることを挙げています。

 

筆者の複数の同僚はもちろんのこと、信頼できる情報筋の話から判断すると、Microsoftは7インチないし8インチのARMベースのSurfaceタブレットを米国時間5月20日にニューヨークで開催のイベントで発表する計画だった、と言うことはできる。

What Microsoft didn't announce today: An ARM-based Surface Mini | ZDNet

うわさのARMベース「Surface Mini」は登場せず--その背景を考える - CNET Japan

 

The VergeのTom Warren氏は、Foley氏の挙げる第一の理由を支持するツイートをしています。

 

 

Mashableは、「Microsoftはもうコンシューマー向けタブレット市場をあきらめたのだろう」と皮肉っています。

 

So rather than trying to go after the consumer tablet market, where it sits in no man's land, Microsoft is smartly pivoting and going after the laptop space.

There Was No Surface Mini Because Microsoft Already Lost on Tablets

 

結論:とにかく"Mini"は出なかった。小型が必要なら各社の8インチタブを(ただしLTEモデルはまだない)

 

Microsoftが公式に何も語っていない以上推測しかできませんが、確実なのは、「Surface Miniという製品は(当面)出さないという意思決定がなされている」ということです。

 

この手の大々的な製品発表会はそう頻繁に行われるものではなく、Microsoftから少なくとも近々に小型のWindowsタブレットが発売されることはなくなったといってよいでしょう。

 

私は、常時携帯用に8インチクラスのLTE搭載マシンの登場を期待していましたが、この条件を満たすものはOEMメーカーからも出ていないので、断念せざるを得ません。

 

嗚呼、Microsoftはいったいタブレット市場で何をしたいのか??MWC、Build、今回の発表会を経て謎は深まるばかり。

 

最後に、一言だけいわせてください。

 

「orz」