読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surface Pro 4 / 3 ビジネス活用日記

Surface Pro 4 / Surface 3 の意外と知らない活用法を発信します

Surface 2非公式マニュアル(33)-2 Windows Updateでの再起動の法則

f:id:iwam:20140513115601p:plain

更新プログラムをインストール後、再起動せずに 3 日経過した場合は System Critical Notification形式で表示されます。

Blogs - 日本のセキュリティチーム - Site Home - TechNet Blogs

 

Windows Updateの要注意点「再起動」の法則を理解する

 

Surface 2では、Windows Updateを通じてシステムが最新の状態に更新されます。

通常はSurfaceを起動している間にダウンロードが行われ、自動的に適用されますので、ユーザーが意識する必要はありません。

 

しかし、ファームウェアアップデートなど重要な更新プログラムの場合は、適用の際にシステムの再起動を求められることがあります。このため、「わずらわしい」と感じるケースもあろうかと思います。

 

再起動そのものはシステムの安全と安定をキープするために必要なので、法則とクセを理解して、うまくタイミングをコントロールすることが有効です。

本記事では、その方法をご紹介します。

 

自動で更新プログラムが適用された場合、どうなるか

 

重要な更新プログラムが自動でダウンロードされた場合、時間の経過に応じて以下のようなメッセージが表示されます。(公式サイトより)

 

-      更新のインストール完了後 から 3 日後まで:

ログオンやロック画面上の通知で「重要な更新プログラムのインストールを完了するために、○日以内の再起動が必要です」とメッセージが表示されます。このメッセージが表示されたら、任意のタイミングで再起動を行ってください。

-      3 日後:

3 日経過後に最初にユーザーがログオンまたはロック解除したタイミングで、System Critical Notification 形式の 「○分で再起動します」というメッセージが表示されます。メッセージが表示されてから、15 分以内に強制的に再起動が行われます。

 

尚、電源オプションについてはインストール完了から 1 日目までは 「更新して再起動」 あるいは 「通常のシャットダウン」が選択可能です。2 日目以降は「更新して再起動」「更新してシャットダウン」が選択できるようになります。

Blogs - 日本のセキュリティチーム - Site Home - TechNet Blogs

 

「起動時またはスリープ復帰時に通知を表示」→「3日経過後は、特別な通知を表示し15分以内に強制適用」という順番ですね。

 

少しやっかいなのは、強制適用が出てしまうと、これからSurface 2を使って何かしようとしているときに、中断してしまうことです。

 

これは避けたい。ではどうすればよいでしょうか。

 

強制再起動を避ける方法は2つ

 

  1. 重要な更新プログラムを手動で適用する
  2. 再起動を促すメッセージがロック画面に表示されたら、その日の作業を終了するときに「更新して再起動」を選択しておく

 

1.は私のおすすめの方法です。再起動が必要なのは、ほとんどの場合月1回・第2火曜日(日本時間では第2水曜日)の定例パッチ配信日なので、この日に手動適用をかけておけば後で再起動する必要は

 

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

 

Surface 2非公式マニュアル(33) Surface版Windows Updateの仕組みと使い方 - Surface 2 非公式マニュアル + Windows Phone(使い方・活用法)

 

2.は、更新通知に気づいたら、終了時にそのままスリープするのでなく、「更新して再起動(またはシャットダウン)」を選択しておくということ。起動時に通知が出ていたことを覚えておく必要があります。

 

結論:法則を知っていれば再起動は怖くない

 

以上、Windows Updateと再起動の関係についてでした。

 

再起動が必要な更新プログラムの場合、何らかのタイミングでユーザーが更新の許可を出す必要があります。(これは、iOSAndroidでも同様です)

 

本記事でご紹介したように、このタイミングを上手にコントロールできれば再起動による作業の中断を避けることができますので、ぜひ皆様も自分に向いた方法を見つけてみてください!