読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surface Pro 4 / 3 ビジネス活用日記

Surface Pro 4 / Surface 3 の意外と知らない活用法を発信します

Surface 2非公式マニュアル(27) Windows 8のイライラ軽減に効くキーボードショートカット3選

f:id:iwam:20140224120210p:plain

Windows 8、Windows RT のショートカット キー | マイクロソフト アクセシビリティ

 

Windows 8特有のストレス:デスクトップとストアアプリの混在、全画面表示

 

Windows 8を使っていて、ストレスを感じることが多々あります。そのうちの多くが、Windows 8.1では解消されていますが、いくつかは解消されないままです。

 

自分で顧みるに、ストレスの原因は、「本来できるはずの操作ができない」「ある操作を行うまでに手間がかかる」のが原因のことが多いのではないかと思っています。

 

この記事では、代表的な場面を3つ挙げて、それを解決するキーボードショートカットをご紹介したいと思います。

 

1.Alt+Tab:デスクトップアプリとストアアプリをワンタッチで切り替え

 

Windows 8.1の仕様でいまだに理解できないのが、ストアアプリからデスクトップアプリに一発で切り替える手段がないことです。

 

例えば、通常「カレンダー」アプリから「Word 2013」に切り替えるには、「デスクトップ」を呼んで、さらに「デスクトップ」の中でWordを呼び出す必要があります。

 

これを解決するのが「Alt+Tab」です。このショートカットは、デスクトップアプリとストアアプリの両方のリストを表示するので、容易に切り替えることができます。

 

なお、似たようなショートカット「Win + Tab」では、「デスクトップ」への切り替えはできますが、デスクトップ上のアプリにダイレクトに切り替えることができません。キーボードショートカットとして使うなら、「Alt+Tab」のほうが便利です。

 

2.Win + C:時刻とバッテリ残量とアンテナピクトを確認する

 

Windows 8.1の謎仕様の1つが、画面上に「時刻」「バッテリ残量」「アンテナピクト」が表示されないことです。理由さえもよくわかりません。

 

時刻とバッテリー残量、電波状態が常時表示できない - マイクロソフト コミュニティ

 

スタート画面ないしストアアプリ利用中にこれらの情報を確認する手段は、チャームを呼び出すしかありません。

 

しかし、チャームを呼び出すには、手をホームポジションから離して、右端からスワイプするか、マウスを右端に持っていく必要があります。「なぜバッテリーの残りを表示するためにひと手間かける必要があるのか??」悲しくなります。

 

Win + Cでチャームを呼び出せば、ホームポジションから時刻やバッテリー残量が確認できます。苦肉の策ですが。

 

3.Win + 数字

 

ストアアプリ起動中にほかのアプリを起動するには、いったんスタート画面を経由する必要があります。ただ、スタート画面は常時表示されているわけではないので、どうしても作業が中断してしまいます。

 

そこで、「Win + 数字」のショートカットを使うと、デスクトップのタスクバーに並んでいるうち、左からX番目のアプリを直接起動することができます。例えば、左から4番目に「Excel 2013」があれば、「Win + 4」でExcelが起動します。

 

いずれ、ストアアプリもタスクバーにピン止めできるようになれば、このショートカットはさらに便利になるでしょう。

 

結論:キーボードショートカットで、イライラ場面を回避

 

Windows 8.1には、多数のキーボードショートカットが用意されていますが、本当に役立つのは、「作業負担の軽減」ができるものです。

 

冒頭のリンクの一覧をみて、皆さんも自分のストレス軽減に役立つショートカットを見つけてみてください!

 

 

↓もし、当サイトの記事がお役に立ちましたら、ブクマないしツイートしていただけますと励みになります!