読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surface Pro 4 / 3 ビジネス活用日記

Surface Pro 4 / Surface 3 の意外と知らない活用法を発信します

Surface 2非公式マニュアル(25) Surface 2でも使える新世代家計簿サービス

f:id:iwam:20140222114314p:plain

 

もう止められない・・。家計簿も確定申告もクラウド

 

クラウドとモバイルアプリは、ここ数年であっという間に家庭用「パソコンソフト」の守備範囲を隅に追いやりました。

 

特に、ここ1~2年の進歩が著しいのが、家庭でのパソコン利用の有力分野であった「年賀状」と、今回ご紹介する「家計簿」、それに「確定申告」です。

 

新世代のクラウドとモバイルによって、「帳簿をつける」というグータラ人間にはきわめてつらい作業がパソコンソフトよりも簡単・便利に済ますことができる。

少なくとも試してみて損はないと私は思います。

 

Surface 2でも使える新世代家計簿サービス:ZaimとMoneyForward

 

実は、iPhone用の家計簿ソフトは既に大量に出回っているのですが、マルチデバイスで使えるサービスは多くありません。

 

Webからもアプリからも使えるサービスとしては、「Zaim」「Money Forward」の2つが双璧です。

 

レシート撮影で自動記入!:Zaim

 

f:id:iwam:20140222115625p:plain

Zaim | 無料の家計簿アプリ・レシート家計簿

 

<追記>

2月27日、Zaimも口座情報の自動取得に対応したことが発表されました。こうなると、完全無料のZaimの一択かもしれませんね。私もMoney Forwardの有料版はやめました。(追記終わり)

 

家計簿をつける目的は、大きく分けると日々の支出管理と資産管理になるかと思いますが、Zaimは前者により強みのあるサービスです。

 

レシートをiPhoneのカメラでパシャッと撮れば、入力が完了します。

 

f:id:iwam:20140222142650p:plain

 

書籍のレシートを撮影すると、支出金額に加え、購入日や購入した本屋さんの名前も入力されました。

 

f:id:iwam:20140222143104p:plain

 

Surface 2からは、Webサイトで支出の分析や細かい設定ができます。当然データはiPhone版と共通なので、シーンに応じて使い分けると便利です。

 

f:id:iwam:20140222150246p:plain

 

自動で資産管理:Money Forward

 

一方、Money Forwardは、「資産管理」に重点のあるサービスです。

 

オンラインバンキングやクレジットカード口座のアカウントを登録しておくと、自動で残高や支払いの情報を取得してまとめてくれます。

いわゆる「アカウントアグリゲーション」サービスです。

 

 

銀行の入出金やカード情報をもとに、自動で家計簿を作成してくれるので、家計簿作成の手間がなくなります。
手間をかけずに、毎月の支出がわかるので、忙しいあなたにピッタリです。

 

 マネーフォワードの特長|マネーフォワード

 

支払いをクレジットカードにしておけば明細までわかります。

レシートを撮影する手間さえ省けるので、究極のグータラ人間向けツールです。

 

ただ、銀行口座のパスワードを外部サービスに預けるのには、抵抗があるかもしれません。現金払いに弱いので、アプリ「RecoReco」と併用するなどの工夫も必要です。

また、無料版には一部機能制限があります。

 

その意味では、「Zaim」のほうがより間口が広いサービスといえるでしょう。

 

結論:家計簿つけるのに、もはやパソコンソフトは要らない

 

ここまでWebサービスが進化してきた結果、デスクトップアプリが動作しないSurface 2のハンディは急速に解消に向かっています。

 

家庭用のメインマシンとして、これからますますSurface 2の存在感は増していくでしょう。

 

 

↓もし、当サイトの記事がお役に立ちましたら、ブクマないしツイートしていただけますと励みになります!