読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surface Pro 4 / 3 ビジネス活用日記

Surface Pro 4 / Surface 3 の意外と知らない活用法を発信します

海外記事をコピペしてWindows RTをdisる尾ひれをつけると、なぜ拡散されるのかよく考えねばならない

f:id:iwam:20140109100947p:plain

 12月13日付けのWindows Phoneに関する記事

 

一度disられるようになると、悪い噂は増幅され、自動的に拡散されるようになる

 

12月13日、あるサイトに、Windows Phoneの将来計画についての記事が掲載されました。

 

MS次期OS「Windows Phone 9」に関する噂:メトロUI廃止、無償提供、「Windows RT」を統合? – すまほん!!

 

Twitterで139回、Facebookで84回拡散されているので、かなりのPVに達したのではないかと思います。

 

f:id:iwam:20140109101718p:plain

 

ところが、記事の内容を詳細に見ていくと、興味深い点に気が付きました。この記事は、米国のニュースサイトBGRの記事と、それに著者の方が独自に付け加えられた部分で成り立っているのです。

 

 

<引用元記事>

Windows Phone 9 to launch in 2H 2014 without Metro UI on top | BGR

 

f:id:iwam:20140109102331p:plain

(筆者作成、赤線部も筆者)

 

記事の本筋は、BGRが書いているとおりです、というかそのまま訳した内容です。赤線部は、著者が付け加えられた部分です。この付け加えられた部分を読むと、著者の意図がおぼろげに浮かび上がってきます。

 

追加された部分は、Windows RTをdisる内容だった

f:id:iwam:20140109113836p:plain

 

そう、追加された部分は、題名も含め、記事の本題であるWindows Phoneに関することではなく、Windows RTに関することなのです。

 

  • 「Windows RT」を統合?
  • 存在が疑問視されつつあった「Windows RT」に関しては既定路線通り廃止となり、

 

Windows Phoneに関する記事に、なぜ、このような「尾ひれ」を付け加えたのか、その意図は第三者には知る由もありません。が、わざわざ付け加えたのにはそれなりの理由があると考えるのが自然でしょう。

 

さらに、著者は、これがあくまで「噂」であることを断りつつも、その信憑性が高いことを示す一節を追加されています。

 

  • このように非常に期待の持てるリークとなっています。
  • あくまで噂の域を出ませんが、他の情報とあわせても十分に妥当な内容を持ったリークであり、

 

「他の情報」とは具体的に何なのか、また、「十分に妥当な内容を持っている」と判断した根拠は何かについては、特に示されていません。

 

ちなみに、この尾ひれ部分の信ぴょう性は?

 

私は、この尾ひれ部分の信ぴょう性はきわめて怪しいと思っています。

 

  • まず、「既定路線のとおり」と書いてある部分について。これはJulie Larson-Green氏の「We're not going to have three.」という発言を指しているようですが、この発言が、現存する特定の種類のWindowsの廃止や統合を意味するものでないことを、Mary Jo Folly氏は指摘しています。ましてや、「既定路線」であるというソースはありません。

Microsoft's Windows future: One core, many SKUs | ZDNet

 

  • また、BGR記事のネタ元のロシア人ウォッチャーは「2014年Q3にWindows Phone 9がリリースされ、Metro UIが廃止される」としていますが、これは、2015年に次期アップデート群「Threshold」が計画されており、そこでModern UIがコンシューマ向けに引き続き採用されるという情報と真っ向から矛盾します。

Microsoft codename 'Threshold': The next major Windows wave takes shape | ZDNet

More on Microsoft's SKU-morphic Windows vision | ZDNet

 

「他の情報とあわせても十分に妥当な内容を持ったリークであり、」という著者の意見は全くの間違いであり、むしろ逆であると考えます。

 

この尾ひれ部分は、「噂を拡散させ、PVを上げるために付け加えた」・・・可能性が、残念ながら高いと判断せざるを得ません。逆に言えば、付け加えられたからこそ拡散された・・・という理解も可能です。

 

結論:Windows RTをdisる記事が受ける環境は製品自身が作り出したもの。まず、Surfaceの良さを地道に発信していかなければならない

 

さて、前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。なぜ、この記事は拡散されたのか?

 

日米両国での深刻な在庫不足、価格.comやヨドバシ.comのデータを見る限り、Surface 2は好評であり、販売もそれなりに好調であると私は認識しています。

 

"Surface価格.com定点観測" - 記事一覧 - Viva! マイタブ (Surface 2 / Windows Phone)

http://www.yodobashi.com/%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3/ct/11970_500000000000000201/

 

しかし、初代Surface RT発売時から引き続いてWindows RTに悪印象を持っている方が一定数まだいらっしゃるのは、事実として重く受け止めなければならないでしょう。噂が拡散されているという事実が、それを物語っています。

 

噂の拡散を止める手段はありません。できるのは、Surface 2という製品が、実際には便利で使いづらくないことを示していく地道な努力だけです。

Surfaceシリーズの良さを、少しでも多くの方に伝えたい。そんな決意を新たにしています。

 

Microsoft関係者の皆様にも、マス広告にとどまらず、ぜひ製品のよさを丁寧に伝える施策をぜひ実施いただきたいな、と願っています。量販店の店員さんにもSurface 2をdisる方、商品知識がない方が相当割合いらっしゃいますので・・・。

 

 

↓もし、当サイトの記事がお役に立ちましたら、ブクマないしツイートしていただけますと励みになります!