読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surface Pro 4 / 3 ビジネス活用日記

Surface Pro 4 / Surface 3 の意外と知らない活用法を発信します

2013年版各社最新タブレットの残念な値上げぶり一覧まとめ

f:id:iwam:20131024054100p:plain

7~8インチ製品は40~60%の大幅値上げ

 

昨年7月、GoogleのNexus 7は、クアッドコアCPUと最新Androidを搭載して19,800円という画期的な価格で登場しました。

 

それ以来、Apple、Amazonも日本市場に1・2万円台の7~8インチタブレットを発売し、タブレットは一気に日本のユーザーに身近なものになりました。

 

しかし、各社が発表した2013年モデルは、軒並み価格が残念なことになってしまっています。

 

一覧(16GBモデルで比較)を見ていただくと、7~8インチタブレットは、各社40~60%も値上げされていることがわかります。

  • iPad mini    45.5%
  • Nexus 7     40.4%
  • Kindle Fire  57.0%

 

値上げ理由はハイスペック化と円安

 

原因は、端末そのもののハイスペック化と円安と思われます。

もとが安すぎたのかもしれませんが、ユーザーにとっては急すぎる感のある値上げ幅です。コスト面にも配慮してほしいと思うのは私だけでしょうか。

 

なお、現時点ではWindows系最新モデルの国内販売価格は発表されていないため、情報が入り次第比較したいと思います。