読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surface Pro 4 / 3 ビジネス活用日記

Surface Pro 4 / Surface 3 の意外と知らない活用法を発信します

Windows 8.1正式版レポート(4) まとめ2:設定と復旧のポイント

f:id:iwam:20131018085537p:plain

新しいスタート画面(設定後)

 

前回の記事に引き続き、正式版インストール後の初期設定と、設定が変わってしまうケースへの対処についてまとめます。

 

設定は変わってしまうところがあった

 

まず、初めに申し上げておくと、「データ・アプリ・設定」のうち、

 

  • 「データ」は、SkyDriveに入れていれば全く問題なし。(おそらく入れていなくても大丈夫なのでしょうが、私は未検証です)
  • 「アプリ」は、いったん消えますが、Microsoftアカウントにひもづけられているので、簡単に復活可能。(Preview版からアップデートする場合、自分で入れたデスクトップアプリは全滅しますが、Surface RTには影響なし)

 

「設定」は、いくつか変わってしまったところありました。

 

変わってしまう「設定」の具体例(私が気づいたもの)

 

  1. Bluetoothキーボード・マウスのペアリングが解除(タッチ必須)
  2. デスクトップIMEのユーザー登録単語が消えた
  3. IE11のお気に入り(順番が変わったり、過去に削除したが項目が復活)
  4. デスクトップの壁紙(金魚→派手イエロー)

 

1.はBluetoothキーボードの日本語設定をやり直さなければいけないので面倒でしたが、その他は比較的短時間で復旧できました。

 

インストール後の流れ

 

Windows Updateの適用

f:id:iwam:20131018092910p:plain

 

最新版のWindowsにも関わらず、初日から大量のアップデートがかかります。私の場合、18.8-104.4MBと表示されました。セキュリティに関係するものもあるので、最初にアップデートするのがよいでしょう。

 

ストアアプリの復活

f:id:iwam:20131018095013p:plain

標準装備のストアアプリは、まとめてインストールされます。無印8に比べると「フード&レシピ」「リーディングリスト」などが増えていますが、標準アプリといえど不要ならアンインストール可能です。

 

f:id:iwam:20131018095044p:plain

標準装備以外のストアアプリは、スタート画面または「すべてのアプリ」画面に出ているアイコンをクリックしていけば、順次ダウンロードされ復活します。

 

アプリが復活すれば、後はSurface RT 8.1生活の始まりです!

お疲れ様でした。

 

↓もし、当サイトの記事がお役に立ちましたら、ブクマないしツイートしていただけますと励みになります!